喜びの彼方

三年後、三年前を振り返り、微笑む私。

自分の好きなもの、託したイメージを忘れずに表現と連動させていこう。自分が出会ってきたものを生かそう。