喜びの彼方

三年後、三年前を振り返り、微笑む私。

窒息

どの角度の考えも、その地点で大切なだけで、別の地点からすると本当にくだらないことだったりする。

世の中は様々な言葉で満ち溢れているのに、目の前はいつも単純な言葉だけで完結する。喜怒哀楽が咲く。

尖ったナイフから遠ざかろうと自分一人の頭を妄想に浸していても、目の前の現実は一ミリの氷山で、くだらない選択ミスで僕は自己を揺らしてしまう。

昨日までは変化せず、別の角度からの視線に苦しむ。痛いより、苦しい。傷んだ方がましだろうが、傷は常に身体を蝕むから、苦しんだり気づけない道を選んでしまう。生きるとはそのような苦しみの継続としか今までの自分は感じられなかった。

最近は疲れているのかもしれない。ずっとおジャ魔女どれみフライングゲットしか聞いていないし。

良い子、賢人ぶりたくない。ただの人間として物事を積み上げたい。
傷つかないこととか、嫌になることを遠ざけることが、僕の決定的な弱点ではないだろうか。それが原因で、単純に解決できる問題を解決できない。そのために、どうすればいいのか。それが、五里霧中で困っている。
目の前の世界の正解をどのように通っていくとか、本当の自身にとっての答えはわからないが、なにか昔考えたものが、今の簡単な道をどうしようもなく困難にしていることは間違いない。
泣けたら、苦しいことを言葉にできたらどれほど気が休まったかしれたもんではない。僕にとって好きなものや嫌いなものを表現できたら、どれほど幸せだったんだろう。特別を求めている。人間なんて、ただそこにいるだけなのに。 
甘えている。悪い甘え方。自分一人、ただ存在する。そう思わなければ、今の問題を解決できないのだが、それを思うと、凄く苦しくなる。これで生きていけるのかと苦しむ。苦しみに耐えられない。そのような種類の苦しみには。
窒息。今日みた今の自分にはない、ステキな言葉。